2013年08月24日

キタキツネ物語DVD:シネマじ?宅

キュダンこまた一年ぶりか。いや10ヶ月ぶりか。たいして変わんないか。やる気ないのはわかりきってるが、このDVD買ったの7年くらい前だよな。おい。それをまったく開封もしなかったくせに今ごろなんだ?え?リニューアル版が公開されるからってそーいう魂胆だろ。「うるせーな。いいだろ。うるせーな。いいだろ」二回言ったなおい!こんなキツネのやらせ映画、開封しなくてよかったんだよ。見分けがつかないくらいほこりにまみれてりゃよかったんだ。キツネの足に罠くいこませたままひきずって歩かせるとかさ。ひどいじゃないか、今見たら。「本当にやってるわけないだろ。野性の撮った部分と調教されてるのと混ざってるって確か当時の記事にも書いてあったよ。やらせ映画って自分で言っといてなんだてめー」そーですか。すいませんね。 「小学生だったけどね、ボク、ボクもフレップのように一匹でさすらって、美しいメスキツネと出会って、結婚して子供ができて、ピンチになった時生き残った子供と再会して、そして一人旅立っていく・・・・みたいな将来を夢見たもんですよ」あっはーああ!そりゃザンネンだったね。一匹でさすらって、てとこだけじゃっかん当たってるね。ずうううっと一匹でさすらってりゃいいわあんたなんか。「うるせーな。いいだろ。うるせーな。いいだろ」また二回言ったな。で、リニューアル版は見に行くの?「町田義人とゴダイゴと朱里エイコの歌が入ってないキタキツネ物語なんてキタキツネ物語ちゃうやろ」そう言うと思ったよ。

旧シネマじ?

posted by cudans at 21:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマじ?宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

大都会PARTIIIDVD:シネマじ?宅

キュダンこ一年ぶりか。完全にやる気ないよな一狼。しかも映画じゃなくて大昔の昭和のテレビドラマかい。「いやーたまらんですね」何を言ってる。キモい。キーモ!このおっさんたちがティアドロップのサングラスですごむな図がどうにもワタシにはアホにしか見えないんですが。「第1話からとばしてますぅ。冒頭いきなり病院内で暴力団と刑事が患者や看護婦をつきとばして殴り合い。裸の女の死体写真が"変態性癖の果て"の見出し付きで新聞に一面。医者が勤務中に病院内で飲酒。暴力団の親玉が病院内で裸エプロン状態の女に給仕させる。刑事が白昼市街地で連射&銃口をつきつけて自白強要。シメはほぼ無抵抗の犯人を無言で射殺し演歌をバックに去ってゆく。これ、小学生のときにテレビで地上波で見てたんですけどなにか」なにか、じゃねーこの変態がぁ。ただのアホドラマでしょうがこんなもの。しかもトラックの幌つき荷台の中からロケットランチャーを発射というランボーも真っ青なアホ演出。「そのロケットランチャーを撃ったチンピラの風貌が黒のタンクトップにパーマのロンゲというまさにランボースタイル。スタローン絶対これ見てる」どうでもええわそんなの。「ちなみにこの第1話の監督は鳴海昌平シリーズの村川透様なんですぅ」しんでくれ。

旧シネマじ?

posted by cudans at 13:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマじ?宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

殺人遊戯DVD:シネマじ?宅

殺人遊戯DVDキュダンこなんだ久々じゃねーか一狼。なんだよ?なんなんだよ「宅」って?「うちでDVD見るから宅でいいんだよ。劇場なんて行ってらんないよ。」変わったなおまえ。前は年に30本は映画館行ってたくせに、なーにが宅だ。しかもなんだよこの映画。キモイよ。今さら。誰も見ねーよこんなの。「キモイだぁ?!松田優作様をなんと心得とる!!優作様の中でも最高傑作だぞこれは!鳴海昌平さんでしょ、て、かわいいんだよ竹田かほりさん、しかもクヒィッ!みせてくれちゃうしハート(トランプ)中島ゆたか様のオハ゜ーイも美しすぎるんだなクヒィッ!」出た変態。どーせそこだろ。何が松田優作の最高傑作だ。「馬鹿野郎!ラストのビルに突入した優作様がおそいかかる敵を華麗なアクションで撃ち倒していく、しかも5分以上続くカットなし長回しのガンアクション!あんなスゲーの他にないぞ!CGなんてもちろんないぞ!マガジンチェンジもちゃんとしてるしプロップガンの技術も含めて見応え最高ですよ!そしてそれをひきたててるのも優作様のカッコ良すぎるアクションならではですよ!!」どうかね。装弾数6発しかないはずのコルト・ガバメントで10発以上連続発射、しかもスライドから大量の薬莢がなぜ手動で排出される・・・・「いいんだよそんなのうるさい!!」バカ。

posted by cudans at 22:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマじ?宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright©清水一狼 IchiroShimizu アトリエキュダン ATELIERcudan
All rights reserved